散布機

効率よく駆除するには

住宅に蜂が住み着く被害が増えている

散布機

近頃では、ミツバチが住宅の中に入り込んでハチの巣を作ってしまう被害も多く見られます。そもそもミツバチは、非常に狭い密閉空間にハチの巣を作る性質があります。よって、住宅の屋根裏、床下、壁の裏などの人目につかない場所に巣を作ります。住宅にハチの巣を作ることで、大量に住宅の中で蜂が繁殖することになります。そのため、色々な被害が起きます。たとえば、蜂の巣から出る死骸や蜜で、家の中が汚れてしまいます。また、家の中で蜂と出くわしたことで、刺されてしまうケースもあります。よって、上記の被害をなくすために、早期のハチの巣駆除が必須と言えるでしょう。

ハチの巣をスムーズにする方法

ハチの巣が住宅に作られると、色々な被害が起きます。そこで、ここでは自分でできるハチの巣の駆除方法をお教えします。まず、蜂の巣の駆除する時間としては、夜間が最適です。というのも、蜂は一日のうちの昼間に、蜜の採取のために巣を離れているからです。よって、せっかく巣を駆除しても、蜂が戻ってきてしまいます。その点、夜に行えば、蜂の活動も弱まっているのでスムーズに行えます。ハチの巣駆除の方法は、まず刺されても良いように防護用のカッパを着ます。それから、蜂の巣に向って殺虫剤をたっぷりかけます。蜂が弱まったのを見計らって、ごみ袋の中にハチの巣を入れます。そして、ごみ袋の口を結んで終わりです。また、駆除作業中に蜂に襲われた場合は、無理をせずに専門の業者に依頼すると良いです。